パンフェノン 口コミと効果.com あなたのペットの健康のためのサプリメント

パンフェノンの効果

パンフェノンの効果にはどういったものがあるのでしょうか?

一般には次の効果があると言われています。


パンフェノンで効果があるとされているもの

◆抗炎症作用
◆心筋保護作用
◆抗酸化作用


パンフェノンの抗炎症作用=アレルギー・アトピーの改善が期待できる!

パンフェノンに含まれるフランス海岸松ポリフェノールは、
体が炎症を起こすときのスイッチであるNFKBの抑制とMMP酵素の放出の抑制が証明されており、
アレルギーやアトピーによる炎症を回復する働きがあるとされています。


パンフェノンの心筋保護作用=心臓病の改善が期待できる!

心臓病の薬を服用している人間の冠動脈疾患患者に対する
フランス海岸松ポリフェノールの臨床実験で、


・動脈拡張能力の大幅な改善
・血液中の血管を収縮させる物質の濃度の低下


という効果が認められています。


冠動脈疾患というのは、
コレステロールなどが心臓をとりまく冠動脈の内側に付着し、
血管が狭められて血流量が減少してしまう疾患のことです。
したがって、酸素を含んだ正常な血液が心筋にまで届かなくなり、心筋梗塞などの原因となります。


フランス海岸松ポリフェノールの臨床結果から分かることは、
心臓病の薬を服用していても、血管内皮機能が改善されるということです。

もちろん、これはペットの犬や猫にも効果があると考えられ、
実際に心臓の弱いワンちゃんが回復したという報告はたくさんあります。


パンフェノンの抗酸化作用=老化・痴呆予防が期待できる!

パンフェノンに含まれるピクノジェノールは、現代最強の抗酸化物質と言われています。

これにより、体の老化の進行を抑えることができるとされています。


また、脳の血流をよくする働きもあるため、
疲労感やふらつきの改善、短期間での記憶能力低下などの軽減という効果も認められています。


パンフェノンの効果に対する注意点


以上のように、様々な効能が認められいるパンフェノンですが、
大切なことは、


パンフェノンで100%治療できるというわけでなない


ということです。


あくまでサプリメントなので、補助的な効果を期待するというのが正しい認識だと言えます。

薬のように病気や怪我を根本的に治療するものではないこと。

症状の緩和や予防を主とした目的で使用するということが大切になるかと思います。